ダイエット食品の選び方

ダイエットで重要なこと

自分に合ったダイエット方法(プログラム)を選ぶこと。
(健康があってこそダイエットが有効なのです。無理なダイエット は禁物です)
継続すること。
運動をすること。


摂取エネルギーと消費エネルギーの差が体重(体脂肪)の変化になりますね。プラスなら脂肪になり、マイナスなら痩せる。
消費エネルギーを増やすか、摂取エネルギーを減らすかしかないのです。
摂取エネルギーを減らす方法として、ダイエット食品があります。
どんなダイエット食品を選べばいいのでしょうか?
ダイエット食品は、山とあります。雑誌やTV,ネットでも
たくさん紹介されていますよね。

自分のダイエットプログラムにどう組み入れるかによります。
一食分だけ取り入れる・食事全体に満遍なく取り入れるか・・。
いろいろ考えられますが、

■まずは、信用のできるダイエット食品、(会社など)を選ぶこと
“極端に痩せる”ことをセールスポイントにしているところは
 良く調べたほうがいいでしょう。そういう例もあるでしょうが
 一週間で何キロ痩せた!と言うのは、あなたがダイエット食品を
 売っていたとしても使いたいセールストークではありませんか?
 無理なく痩せる、健康を維持しながら痩せるのが、本当の
 ダイエットです。

■続けられること
 いざ、始めてみたけれど続かなくては何にもなりません。
 無理なく続けられるものを選びましょう。
 ダイエットだから、多少のことは我慢したいところですが、
 あまりにも食べにくいものや、我慢して飲まなければならない
 ものは、続けにくいですね。
 最近は、味の面でもいいものがありますから・・。

■無理の無い金額
 値段もさまざまですが、長い付き合いですから、あまり高価な
 ものは、大変です。高価なものが有効である根拠はありません。
 (高価なものが悪いと言う訳ではありませんよ)

■出来れば
 出来れば、栄養面を考えたものがいいですね。
 ダイエットには、さまざまな栄養が関わっています。
 単にカロリーだけを減らせばいいということでもありません。
 ビタミンにしろ、ミネラルにしろ、エネルギーを燃やす時に
 必要な栄養素はたくさんあります。そんなことを考慮した
 ダイエット食品であれば、効果も期待できますね。
 低カロリーを売りにしたダイエット食品を使う場合は、他の
 食事で栄養面をしっかり考慮するようにしましょう。


無理なく続けられる自分に合ったダイエット食品を選びましょう。
posted by    at 20:11

ダイエットに和定食

一皿物はやめましょう。

忙しさのあまり、丼物やパスタ、麺類だけで済ませてしまわないようにしましょう。
一つの器だけの食事はできるだけ避けて、丼より定食。和定食がいいですね。たくさんの品目を摂った方が、痩せやすいのです。

1日30品目といわれますが、栄養素がバランスよく摂れていないと、体内で燃えるものも燃えてくれないです。糖質、でんぷんが熱として燃えるためには、いろんな栄養素がかかわっているのです。
そういう意味からも、和定食は主食と主菜、副菜、汁物とバランスの良い食事といえます。
あれこれと食べることによって噛む回数も増えますね。
丼物を一気に食べてしまうのはよくありません。
消化のこともありますが、満腹中枢に作用するには20〜30分の時間がかかります。
家族で食事を摂る時も、1人前づつ取り分けて食べる方がいいですよ。
大皿に盛ってあるとつい食べ過ぎてしまいます。

でも、肉も食べたいですよね。
「ダイエットのために好きな焼肉は食べない」まあいいですけど
ストレスが貯まりませんか?週に1度は好きなものを食べればいいんじゃないかと思います。
肉も良質タンパク質。優秀なタンパク質ですから。サラダも一緒に摂ってビタミンと食物繊維もしっかりとるようにしましょう。
食物繊維がコレステロールをコントロールしてくれます。

和食といえば、焼き魚、煮魚、魚が多いですよね、魚の脂(特に青魚)はEPAなどの不飽和脂肪酸が多く、肝臓で悪玉コレステロールが過剰に作られるのを防いでくれます。

ダイエットするなら和食、昔ながらのロハスな食事です。
posted by    at 01:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。